初心者にありがちな失敗を避ける英語教材の見極め方

目指せ、独学ネイティブ!失敗しない英語教材ガイド

毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー

失敗しない英語教材ガイド » 英語教材の経験者100人に聞きました! あるある口コミランキング » 3位・量が多すぎてついていけなかった

3位・量が多すぎてついていけなかった

このページでは、フレーズの豊富さをはじめ英語教材の量の多さは英会話学習にどう影響するのかアンケート結果から考察します。

教材の量が多すぎる問題に関する英語教材のアンケート調査

英語教材を購入する際はコスパを比較する意味で教材のボリューム感を調べたりするでしょう。そして「少ないよりは多い方がいい」と考える人が多いのではないでしょうか。

語学の知識という意味では語彙を増やすことは有意義ですが、特に初心者が英会話習得を目的とした英語教材選びでは、必ずしも教材の量が多いことはプラスになると言い切れないのです。アンケートでも「量が多すぎてついていけなかった」という回答は3番目に多いという結果でした。量が多いことで挫折してしまうとはどういったことか、傾向を見てみましょう。

フレーズ数が膨大で覚えられない

収録フレーズ数の多さを売りにする英語教材を購入して、毎日勉強したものの、日が経つにつれて以前勉強したフレーズを忘れてしまうこともしばしば。人間の記憶力には限界がありますし、覚えることが多すぎると勉強すること自体がストレスになります。学生時代の単語暗記が苦痛で、後になってみればあまり英語力に役立っていないことにも通じるように、覚えることが多すぎるとマイナスに作用することがあるわけです。

スピーキングで語彙をうまく活かせない

うろ覚えレベルで単語やフレーズを詰め込んだとしても、いざネイティブとの英会話の場では自分のいいたいことを瞬時に言葉にできないことがあるのです。初心者にとってどんなケースでどんな会話をするのがいいのか、覚えることが多すぎるとかえって反応が遅くなるなど弊害もあるわけです。

量が多すぎて英語教材で挫折した人が考えるべき対策とは

初心者にとって教材のボリュームが多すぎるとめげてしまうケースはよくあります。上で紹介したような挫折を回避するためにはどのような英語教材を選べばいいか、注意点を紹介します。

毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー

このページの先頭へ