初心者にありがちな失敗を避ける英語教材の見極め方

目指せ、独学ネイティブ!失敗しない英語教材ガイド

毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー

失敗しない英語教材ガイド » 英語教材の経験者100人に聞きました! あるある口コミランキング » 2位・聞き流すだけでは覚えられなかった

2位・聞き流すだけでは覚えられなかった

このページでは、手軽さが売りの聞き流し型英語教材について、実際の効果がどうなのかアンケート結果から考察します。

効果の有無を検証!聞き流し英語教材のアンケート調査

「聞き流すだけで英語が上達」「毎日5分聞くだけ」「難しい文法の勉強は必要ない」──。

このような英語教材がけっこう見受けられますが、アンケート調査してみると、「聞き流すだけでは覚えられなかった」と答えた人が英語教材あるあるとして二番目に多いという結果になりました。もちろん、学習効果を得られた人もいるでしょうが、結果を実感できなかった人も少なくありません。いわゆる聞き流しタイプの英語教材でリスニング能力が身に付かなかったという人の共通点をチェックしてみましょう。

聞き流しているだけだとリスニング力が身に付きにくい

“聞き流すだけ”という表現が手軽さを増幅しているせいか、本当にBGMのような聞き方をした場合、ネイティブの発音がどのようなものかを意識しないままなので、なかなかスキルとして身に付かないようです。聞くだけでも耳慣れする可能性はあるのでしょうが、学習するという意識を持つのと持たないのとでは、やはり大きな違いがあるようです。

ネイティブの英語の発音特性を理解できない

英語と日本語には様々な違いがあり、多くの日本人にとってその違いが大きなハードルとなります。例えば、文章を構成するワードの語順が違うとか、フレーズによって発音が変化するといったネイティブ英語の特徴があり、これをきちんと理解しないと、いつまで経ってもリスニング能力の向上にはならないでしょう。

聞き流すだけで話せるようになるのは無理がある

リスニングトレーニングをすることでネイティブの英語耳を養成すれば、それがスピーキングにも役立つのは確か。それでも聞き流すだけで話す能力まで身に付くというのはやはりそう簡単ではありません。一方、英語教材を購入する目的で、リスニングだけに限定する人はそう多くなく、一般的には英会話をマスターしたいと考えるもの。その点ではリスニングとスピーキング両方のトレーニングなくしての成果はあまり期待できません。

聞き流し英語教材で挫折した人が考えるべき対策とは

学習のモチベーションはあって、毎日時間を割いて英語教材を活用したのに、聞き流すだけでは英会話ができるようにならなかった。そんな人は残念ながら英語教材選びから見直す必要があります。上で紹介した3つの課題を解決するためにも、以下の点に注意するのがおすすめです。

毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー

このページの先頭へ