初心者にありがちな失敗を避ける英語教材の見極め方

目指せ、独学ネイティブ!失敗しない英語教材ガイド

毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー

失敗しない英語教材ガイド » 目的別・英語教材の選び方 » 初心者

初心者

このページでは、中学英語レベルの初心者こそ考えるべき英語教材の選び方と、おすすめの教材を紹介します。

聞く・話すの基本が身に付く、初心者向け英語教材の選び方

英語教材はそれぞれ独自のメソッドや学習方法があり、初心者には比較検討するのが難しい面もありますが、教材選びの基本としていえるのは初心者向けで、聞き取りと話すためのスキルが習得できるという点。日常英会話の基礎を学ぶことを目的として、英語教材を調べる場合、主に以下の4ポイントをチェックしましょう。

  1. 英語のネイティブが実生活で使う英文が収録されている
    学校の教科書を思い出してもらうとわかると思いますが、実際の生活ではほとんど使わないフレーズをいくら勉強してもあまり役に立ちません。
  2. 英語のネイティブが実際にしゃべった音声教材が含まれる
    リスニング力を鍛えるにはネイティブの生の声を聴くことが必須で、聞き流しよりも集中して聴くための教材がおすすめです。
  3. 教材は会話形式になっている
    フレーズ主体で例文を覚える教材だといざ会話をする際の応用力養成になりにくいので、会話形式で流れを把握できるコンテンツがいいでしょう。
  4. 日本語の和訳が含まれる
    初心者にとってはいうまでもなく意味を理解するために日本語訳は不可欠です。

これらは必須要件ともいえますが、この他に競合比較ことで見えてくるポイントもあります。例えば、コンテンツとしてのボリュームやレベルなど。公式サイトを見て比較することで、初心者でも相対的評価ならできると思います。また、いかにも簡単に英会話ができるようになる!という宣伝文句には要注意。いうまでもなく、ある程度努力しなければ英語力は身に付きません。そういう意味では、「簡単に学べる」ことを強調する学習方法より、英語力がアップする根拠を論理的に説明しているメソッドの方が信頼できると思います。

初心者が英語を学ぶ時のポイント

初心者が英語を学ぶ際には、いくらいい教材を使用しても、なかなか上達せずに諦めてしまったり、難しくて勉強が長続きしないという傾向があります。そのため、教材を使用して勉強を始める前に、心がけておきたいポイントをご紹介します。

目的を明確にする

どんなことでも目的がはっきりしていないと、「何のために苦労しているんだろう?」とやる気を失ってしまいがちです。英語を学ぶ際にも、なんとなく「英語が話せるようになったらいいなあ」と漠然と思うのではなく、明確な目的を持つことで目標達成しやすくなります。

たとえば、「ひとりで海外旅行したい」「英語を字幕なしで見たい」「英語の本を原書で読みたい」などでもいいですが、より目的を明確にするためには、期限を決めておくのがおすすめです。海外旅行に行くなら半年後や1年後などに日程を決めておいたり、見たい映画の公開に合わせたり、洋書を注文しておいて届くまでに読めるようになるなど。ただ、期限を決める場合はあまり短期間にならないように注意しましょう。最初から難しい目標を立てるのではなく、始めは英語であいさつできるようになるなど達成しやすいものから設定して、少しずつ難しくしていくのもいいですよ。

興味のあるものから英語に触れる

英語の勉強というと、学生時代の授業を思い出してやる気が出ないという人もいるかもしれません。独学で英語を学ぶ場合には、楽しさがないと続きにくいので、「文法の勉強をする」「単語を覚える」などの強制的なものではなく、興味を惹かれるものから英語に触れていくようにしましょう。

たとえば、音楽好きなら洋楽を聞いて英語が聞き取れるようになるとか、英語で歌えるようになるなど楽しみながら始めてみるといいでしょう。その曲の歌詞を完全に覚えれば単語を聞き取れるようになってきますし、あわせて歌詞の意味も知れば英訳もできるようになってきます。ほかにも、映画や海外ドラマは吹替でなく字幕で見て、耳から聞いた言葉を日本語に訳すようにしていれば聞き取り能力や翻訳能力が高まるでしょう。

完璧でなくてもOK

学校の英語の授業では、とにかく良い成績を取ることが求められるので、ちょっとしたスペルの違いや発音、聞き取りのミスも許されなくなります。しかし、実際に英語を使う場合には、そこまで完璧さは求められません。日本語ですら言い間違いや意味の間違いがあったとしても、会話や文章作成は可能です。 英語の授業では間違えることが重大なミスのように刷り込まれますが、これから英語を学んでいくなら完璧でなくてもOKだということを思い込むようにしましょう。

完璧さを目指すとひとつのミスにとらわれて先に進みにくくなりますし、間違えるのが恥ずかしいと思うとなかなか発声できなくなります。間違えても気にしないというくらいの気概で、積極的に進めていくのが上達するポイントになるでしょう。

文法よりもまずは単語力

日本の英語の授業ではやたらと文法を重視するので、そこでつまずいてしまうとそこから英語が嫌いになってしまうこともあります。 確かに文法は重要で、正確な文章を作るためには欠かせないものです。しかし、日本語でもそうですが、言葉を覚え始めるころは文法は無視しても会話は成立します。

片言でも会話できるようになるためには、単語をたくさん覚えることが必要です。たとえば何かを探している時に「~はどこですか?」という文法がわからない場合でも、探している単語が分かれば問いかけることはできるでしょう。 単語をたくさん覚えたら文法もしっかり学ぶ必要がありますが、知っている単語の意味と発音をなるべく増やしていけば、文法もすんなり入ってくるようになるでしょう。

短期集中よりも長期的にのんびりと

最初に目的を明確にして期限を設けることを推奨しましたが、あまり短期間に期限を決めるのは良くありません。 学校に通うのでない限り、独学での勉強は不規則になりがちです。「この時間に必ず勉強する!」と決めても、実行できなければストレスになったり、思うように時間が取れずに挫折してしまうことにもなりかねません。 期間を決める場合には、年単位で長期的に計画するのがいいでしょう。

ただ、「何年後に英語を習得する」では漠然としているので、その中でも段階的にレベルを設定しておくと目的がわかりやすくなります。 スクールではなく教材を使う一番のメリットは、自宅でマイペースにできることですので、無理なく続けられるようにのんびりやっていきましょう。

初心者におすすめの英語教材、プライムイングリッシュ

当サイトでは初心者にプライムイングリッシュという英語教材をおすすめします。その理由は主に以下の3つです。

業界初の音声変化によるネイティブ英語で発音やリズムを知る

単語やフレーズではなく、文章全体の発音やリズムを繰り返し聞くことでネイティブならではの英語音声を習得するという学習方法。これをマネすることで、リスニング発音、両方のトレーニングになります。

スクリプトはテレビ番組の講師経験もある先生が書き下ろし

かつて『笑っていいとも!』というテレビ番組で【発音王】というコーナーがあり、そこで講師を務めていたのがサマー・レイン先生。シアトル出身のネイティブで日本語もペラペラ。プライムイングリッシュのスクリプトはそんな彼女が書き下ろしたもので、スキットが面白いことでも定評があります。

ネイティブによる無料、無期限の添削などサポートが充実

教材購入後の利用者サポートが充実しているのもプライムイングリッシュの大きなメリット。ネイティブによる無料、無期限の添削対応が受けられるなど他の教材ではあまり見られない、多数のサポートが用意されています。

初心者が陥りがちな英会話の常識・非常識

初心者が英会話を始める場合、よく陥りがちなパターンがあります。これらのことに注意しておけば、上達しにくい・挫折しやすいというスパイラルから抜け出せるのではないでしょうか。

聞き流すだけでは上手くならない

最近よくある英語教材に「聞き流すだけでOK!」というものがあります。 教材自体がいいものでも、本当に聞き流すだけでは英語は上達しないので注意が必要です。 こういった教材の目的は、耳に英語を慣れさせることにありますが、ある程度基礎的な英語力がないと英語を単語や文章として認識することができずにただ「聞き流してしまう」危険性があるからです。 理解できないものをいくら聞いても、耳は慣れますが意味が理解できず、英語力を高めることにはつながりません。

リスニングを鍛えるためには、聞いている英語がどういうものか意味や発音をしっかり把握したほうがいいので、聞き流すのではなく集中して聞いて、わからない部分は何度も繰り返すことも必要になります。 「聞き流すだけでいい」という言葉に惑わされないように気を付けてください。

英語をカタカナに置き換えない

英語を初めて授業で習うとき、英単語やアルファベットにカタカナでルビがふられています。最初はそれを見て発音を把握するのですが、それが習慣になってしまうと、どんな英語を聞いても自然にカタカナに置き換える癖がついてしまいます。 カタカナ表記は、英語の発音を無理やり日本語で表記したもので、英語本来の発音ではないため、ネイティブの発音を聞いた時に聞き取れなくなってしまいます。 英語はローマ字ではないので、日本語のカタカナに置き換えるのはやめて、アルファベットの発音になるように矯正しましょう。

正確な英語の発音を身に着けるために、発音はフリガナを目で見て覚えるのではなく、聞いた音をそのまま覚えて発音できるようなトレーニングが必要になってきます。

英語を学ぶにも日本語力は必要

よく言われている英語の上達法に、「英語で思考して英語で話す」というようなものがありますが、日本で生活していて日本語で周りの人とコミュニケーションを取っている以上、それは難しいでしょう。 初心者の場合、困難なことに挑戦するのではなく、できることから伸ばしていくのが上達のカギになります。 また、諸説ありますが「外国語の上達が母国語を超えることはない」という説もあるため、日本語力が低ければ、いくら英語を学んでももともとの日本語力を上回る英語が身につかないということが考えられます。 そのため、英語を上達させるには、まず母国語である日本語力を底上げすることが重要と言えます。

さらに、翻訳などをする場合、日本語のボキャブラリーが乏しかったり、文法がおろそかだったりすると、ほかの人に正確な意味を伝えることが難しくなるので、日本語の能力が高いことは、英語を学ぶ上で大きなメリットになります。

自分に合った英語教材を見つける

現在、非常に多くの英語教材が販売されていますが、特に初心者の場合は自分に合った教材を見つけることが重要です。 ご紹介してきたように、目的を明確にして興味のあることから始めるのが上達のポイントになりますので、教材の内容が興味のない分野を題材にしたものであったり、ひたすら聞き流すようなものでは挫折しやすくなるでしょう。 また、ネイティブの発音を身に着けるためには、わかりやすい会話形式の音声も必要ですので、そういった上達するポイントや自分が続けられそうなシステムのものを吟味して、楽しく学べるものを選んでみてください。

「自分に合った英語教材を見つける」の詳細はこちら

毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー

このページの先頭へ