初心者にありがちな失敗を避ける英語教材の見極め方

目指せ、独学ネイティブ!失敗しない英語教材ガイド

毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー

失敗しない英語教材ガイド » 英語教材・上達のためのAtoZ » 効果的なリスニングの学習法は?

効果的なリスニングの学習法は?

このページでは、英会話の上達に効果的なリスニング学習法と、強化に適した英語教材を紹介します。

音声変化がポイントとなるリスニングの英語学習法

多くの日本人は学校教育の英語授業や受験対策で英単語の暗記に労力を費やします。語彙が増えること自体はいいのですが、単語を覚えることを重視するあまり、リスニングでは知らない単語や聞き取れない単語のところで思考がストップしてしまいがち。

一方、ネイティブの発音には音声変化というものがあり、それを理解しないとリスニングは上達しません。例えば「stand up」「スタンドアップ」ではなく「スタンダップ」と聞こえます。これは単語間の子音と母音が連結した音声。これはリエゾンというパターンで、これ以外にも英語の音声変化には以下のパターンがあります。

リスニングのスキルをアップするためには、こうした英語独特の音声変化に慣れることが重要。いちいち単語を追うのではなく、ネイティブの発音に慣れることがポイントとなるわけです。

音声変化の学習でおすすめの英語教材

音声変化のリスニングを強化できる教材としておすすめなのがプライムイングリッシュ。音声変化に耳慣れするために、ネイティブのスローな音声を収録した教材を聞くことがトレーニングになります。

返り読みの矯正が不可欠なリスニングの英語学習法

日本語と英語の大きな相違点として単語の並び順も軽視できないポイント。主語が最初に来るのは同じでも、日本語では述語が最後に来るのに対して英語だと二番目に来るのが一般的です。これは文章を組み立てる際のロジックなので、日本語を母国語として育ってしまうと簡単に思考回路を変えることができないわけです。

例えば「I have a pen.」という簡単な英文を日本語ロジックだと「私は-持っています-1本のペンを」となりがち。いくら単語やフレーズを覚えても、この語順の思考が変わらないとテンポのよい会話はできません。これを日本人ならではの返り読みというわけです。

音声変化の矯正でおすすめの英語教材

東京SIM外語研究所スーパーエルマーという英語教材では返り読み矯正を目的とする即聴即解トレーニングがあります。これはCDの音声教材で、英文の意味のまとまりごとに同時通訳の和訳を聞くことで、思考が英語ネイティブに近づくというものです。

毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー

このページの先頭へ