初心者にありがちな失敗を避ける英語教材の見極め方

目指せ、独学ネイティブ!失敗しない英語教材ガイド

毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー

失敗しない英語教材ガイド » 英語教材・上達のためのAtoZ » 効果的なライティングの学習法は?

効果的なライティングの学習法は?

このページでは、正しい文法を理解するためのライティング学習法と、強化に適した英語教材を紹介します。

正確なアウトプットができるようになるライティングの英語学習法

英語のライティング能力が求められる状況はけっこう限られます。TOEIC英検などの試験、そしてビジネスユースくらいのものでしょう。短期の海外旅行であればリスニングとスピーキング、そして案内や説明文章のリーディングが必要となることはあっても、文章として正しい英文を書ける能力が要求されるケースは滅多にありません。逆にいえば、英語学習の中でもライティングはまさしく語学学習の正道であり、スペリングや文法などを正しく覚えて、それをアウトプットできるスキルを身に付けなければなりません。

そこで、英語のライティングで注意したいポイントを3つピックアップしておきましょう。

話し言葉よりも正確で丁寧な表現を心掛ける

英会話であれば発音や文法の間違いがあっても相手と意思疎通できることもありますが、ライティングの場合は正確で丁寧な表現が不可欠。日本語のやりとりでも誤字脱字があれば意味が通じても恥ずかしい思いをするように、文章での表現はその人の人柄がある意味わかってしまいます。とはいえ、ライティングする時は会話ほど即時性を求められるわけではないので、より慎重に文章構成することが賢明です。

利用できる英文を日頃から蓄積しておく

著作権に抵触するような文章作成は別ですが、そうでない場合は正しい英文を日頃からチェックしておいて、それらを一種のテンプレートとして利用するのもいいでしょう。特にビジネスのメール文面などは定型的なものが多いので、よりよい英文を使いこなすことで自然とスキルアップにもなると思います。

英英辞書を積極的に使いこなす

初級者は主に英和・和英辞書を利用しますがライティングに関しては英英辞書を使うことで表現の幅が拡がります。状況に合わせた文章を作成する能力を培う意味でも語彙を増やすことは重要です。

ライティングの学習でおすすめの英語教材

スタディギア for EIKENというアプリ型の英語教材はライティングの2級に対応している点でおすすめできます。PCでもモバイル端末でも学習できるので、ビジネスマンがスキルアップで利用するのに適しているといえるでしょう。

毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー毎日検証!人気の英語教材実体験レビュー

このページの先頭へ